• TOP
  • >
  • 社員インタビュー

INTERVIEW

多くのチャンスを、成長の機会に。
自分の能力を高めていける環境です。

西村 達仁2016年4月入社 /

設計(電気)グループ
現在の担当業務内容
設計(電気)グループに所属し、電気図面・制御盤の設計、プログラムの作成、機械の電気調整を行っています。また納品後の機械のアフターサービスなども行っています。
趣味、休日の過ごし方
映画鑑賞やドライブをしてのんびり過ごしています。
またゴルフもするので、会社のコンペにも参加しています。
前職や入社の経緯は?
技術系の学校を出ているのですが、就職を考えるときにミューチュアルの求人を見つけて、説明会を受けたのが最初のキッカケです。

その時に初めて知った会社だったのですが、「年齢に関係なく、設計やプログラミングの仕事をやらせてもらえる」という話を聞き、魅力的に感じました。

たまたま知り合いにミューチュアルの事を知っている方がいて、
会社の事を聞いてみると、評判も良かったので、それも後押しになりました。

ミューチュアルを含めて、4社設計職で受けて、有難いことにすべて内定を貰いましたが、
最後は幅広く経験が積める点や、地元で働きたいという気持ちなどから、この会社で仕事をすることに決めました。

入社してからの仕事について
主に「カートナー」と言われる包装機械の電気設計に携わっています。

「カートナー」とは、薬などの製品を自動で小箱に挿入する機械で、主に医薬品メーカーや化粧品メーカー等の工場で使われています。

機械の担当を受け持つと、設計・プログラム・調整・現地作業と一から全てに関わるの
で、色々な事を経験でき、すごくやりがいがあります。

また、常に電気制御に関する技術を新たに習得して行かなければならないので、
自分の能力を高めていける環境だと思います。

どんな職場環境で仕事をしていますか?
設計グループ内の電気設計チームは私を含めて3人で仕事をしています。
同じ技術センターには、製造グループや機械設計のグループもあります。

雰囲気としては、些細なことでも相談はしやすく、閉鎖的な感じは無いですね。

仕事中は勿論、休憩時間などは部署や年齢など関係なく、分け隔てなく話をするので、
工場の風通しは良いと思います。

入社後の感想

良かった点

機械がゼロの状態から設計をして製作することもあるので、機械が出来上がるにつれて仕事の成果をはっきりと感じることができます。

自分で設計したプログラムで、各製品が狙った通りの動作をしてくれると、
とても達成感があり、それまでの苦労が報われます。

あとはユーザー企業と直接お会いする機会もあるので、
要望通りの製品が設計出来て、喜んでいただいている姿などが見られると、とても嬉しいですね。ユーザー様に直接「これは使いやすいね」と言われると、設計者として、やりがいを感じます。

きびしい点

若いからと言って、指示待ちの仕事の進め方ではいけない会社だと思います。

自分で考えたり、分からないことがあれば、自分で調べたり、自ら人に聞きに行くスタンスが必要です。

良い意味では、若いうちから設計を任せて頂き、成長できる環境がありますが、その分責任もありますので、待ちの姿勢ではいけないと私は思っています。

当面の目標を教えてください。
まずはもう一つの弊社の主力製品である「PTP包装機」の電気設計もやってみたいなと思います。ミューチュアルの扱っている機械の事は全部分かるというようにしたいなと。

あとは最近工場長から、工場管理の方法などを勉強するプロジェクトメンバーに選んでいただきました。

そういった自身の幅を広げる機会を大事にしながら、技術者として成長していきたいと思います。

求職者の方へのメッセージ
気軽に先輩に悩みを聞いてもらえる環境なので働きやすい会社です。
是非一緒に働きましょう。

その他の社員インタビュー